日本医科大学リハビリテーション学教室は、2013年(平成25年)に開設された比較的新しい教室です。しかし、診療科としては少し古く、2001年(平成13年)に千葉北総病院に病床をもつ独立した診療科として開設されました。初代診療科長であり大学院教授となられた原行弘先生から歴史を刻んできました(2015年急逝)。2017年から松元が引き継いだ形になります。

スタッフ紹介

松元秀次  大学院教授

北川恒実  助教

小林美香  助教

李卿    専攻医

牧野大輔  専攻医

中島早百合 専攻医

呉輝雄   専攻医、大学院生

玉置正一  大学院生、嘱託医

池上敏幸  大学院生

佐々直紀  大学院生

辻内和人  非常勤講師

松永朗裕  非常勤講師

四津有人  非常勤講師

リハビリテーションスタッフ数

千葉北総病院:理学療法士18名、作業療法士9名、言語聴覚士4名、臨床心理士3名

付属病院:理学療法士14名、作業療法士6名、言語聴覚士4名

Facebook

日々の活動はFacebookをご覧ください。リアルタイムで更新しています。
https://www.facebook.com/rehabilitation.nms/

*次ページあり